カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

第18回 エゾボラ(蝦夷法螺)のおはなし

 第18回は、エゾバイ科のエゾボラ(蝦夷法螺)です!

 エゾボラは北海道以北に分布しています。言わずと知れた海の幸であり、「真ツブ」の水産流通名でご存知の方も多いかもしれません。北の市場へ足を運べば、写真のように穴の開いた本種の貝殻が店先に飾られている光景をしばしば目にすることができます。これは火を通さずに軟体部を抜くための技が行使された跡です。巻貝は殻軸筋という筋肉で貝殻とつながっており、本種はちょうどこの穴の位置からアイスピックのような道具を用いてこれを切断することが出来るのです。ちなみに写真の個体は、北海道は釧路の和商市場でいただいたものです。

 一見すると華がない本種は、これぞまさに北の貝!といった風貌をしています。貝類は一般的に北方種ほど貝殻の色彩・形状ともに地味になり、一方で南方種は派手になる傾向があります。しかし本種はいぶし銀とでも言いましょうか、華やかさなど必要のない魅力に溢れているような気がして止みません。殻表を飾る波打つドレスのような肋やオレンジ色に輝く艶やかな殻口に指を這わせれば、荒々しい北の海を生きたエゾボラの貝生に想いを馳せ、青年の日に夢を描いた海を思い出しつい目を細めてしまいます。

クセがなく甘みの強い本種の軟体部は、ここ数年でようやく貝嫌いを少しずつ克服しつつある私にとっても食べやすく、驚かされた種の一つです。最近では、二枚貝綱は過熱したものであれば心から美味しいと感じるようになってきましたが、腹足綱は未だ強敵です。殻も軟体部も遍く愛せる男を目指し、日々奮闘中です。

安田 風眞

ページトップへ