カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

第29回 ナンヨウダカラ(南洋宝)のおはなし

29回目は、タカラガイ科のナンヨウダカラ(南洋宝)です!

ナンヨウダカラは沖縄・小笠原以南、西〜中部太平洋に分布するタカラガイです。全体的に丸みを帯びた優しいシルエットに、背面は燃える夕陽を閉じ込めたような朱色をしています。一方で腹面から前溝・後溝、螺塔の外縁は白く縁取られ、色のコントラストが非常に美しい貝です。少し陥没した螺塔と、それを囲む白い円がチャームポイント。大きいものでは殻長100mmに達する大型種で、その特有の色彩・輝きと相まってまさにタカラガイの王たる風格を放ち、古くよりコレクターを魅了し続けてきました。英語圏では「Golden cowrie(黄金のタカラガイ)」と呼ばれ、本邦でもコガネダカラの別名があります。かつては非常に高価だった貝の一つで、標本商黄金時代を象徴する一種とも言えるのではないでしょうか。しかし残念ながらこの手の美貝はやはり褪色も顕著であり、時の流れとともに薄いベージュのような色へと変貌してしまいます。そのため朱色の個体を手に入れることは容易いことではないのです。

 ギリギリ分布域に含まれるだけあって稀に日本近海でも採集されることがあり、数年前には沖縄の美ら海水族館で飼育されていたことがありました。ニュースを聞いて生きたナンヨウダカラが見られるぞ!と浮き足立つも、当時大学生だった私が思いつきで沖縄へ飛ぶことは叶わず、非常に悔しい思いをした記憶があります。

 ナンヨウダカラは、南国の灼けるような直射日光の下でこそ最も美しく輝くのだと聞いたことがあります。青く透き通る海からナンヨウダカラが引き上げられるその瞬間は、いつの日かこの目に納めたい憧れの光景の一つです。

2022.4.28 安田 風眞

商品ページ

(番外編)シカのおはなし

今回はシカ角販売記念の番外編・シカのお話です!

 なんと貝殻の問屋さんにエゾシカの角が入荷しました!蝦夷鹿、読んで字の如く北海道のシカですが、標準和名(学術上の正式な和名)はニホンジカです。つまり本州にいるシカと種類は変わらず、北海道に分布する亜種ということになります。「恒温動物は同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きくなる」というベルクマンの法則の典型例で、本州のシカとは比にならないほど大型になります。

 角自体の色は各枝の先端に見える白色で、幹の黒・茶系統の色はシカが泥を浴び木に擦り付け自ら塗り込んだ土や樹脂等に由来する色です。そのため角からはほのかに特有の香りが漂い、目を閉じれば白銀の雪原に佇む凛々しいシカの姿が脳裏に浮かびます。ちなみにシカ界では、左右のバランスが良く大きく、そして黒々とした角を持つオスがモテるそうです。つまり角を研ぎ上げることはシカ最大のおしゃれの一つなのです。

 貝殻と同様に自然からの頂き物ゆえ、角には必ず個体差があります。左右一対のものですらシルエットが異なることもしばしば。また体重100kgをゆうに超える巨大なシカ同士の闘いに用いられるため、欠けや傷があるのはごく普通のこと。フィールドでは根本から折れている個体を見ることもあるほどです。

 現在販売中の角は北海道東部で採捕されたシカのものです。このシカは猟師の方の極めて高度な技術を以て絶品の食肉となり、そして通常は殆どが廃棄されてしまう皮や内臓までもが極力余すことなく活用されています。シカや自然に対する敬意と感謝、そして深い愛情の現れなのだと、私にはそう思われてなりません。そのまま飾るも良し、加工するも良し。北海道の美しくも厳しい大地を駆け抜け、愛を紡ぎながらシカが生きた物語の終着点を決めるのは、この角を購入したあなたです。

※写真は帽子掛けとして愛用中のエゾシカの角

2022.3.29 安田 風眞

商品ページ

第28回 イモガイの毒「コノトキシン」のおはなし

28回は、イモガイの毒「コノトキシン」のお話です!

イモガイとは、コレクターにとって非常に甘美な響きを持つ特別な言葉の一つです。かく言う私もイモガイ愛好家の端くれであり、学生の頃は同志(研究室の後輩たち)と標本を並べその美しさを称えては酒を飲み交わしたものです。一方で「殺人貝」のイメージがすっかり定着してしまったがために、マリンレジャーを楽しむ人々にとっては単に恐怖の対象なのではないでしょうか。しかし実際はヒトを攻撃するための毒ではない、ということは第20回でお話ししましたね。今回はいつものような特定の貝ではなく、イモガイの毒、コノトキシンについて簡単にお話ししてみようと思います。

コノトキシンとはイモガイが持つ毒の総称であり、貝の種類によって毒性が異なります。イモガイはこの毒を矢型に発達させた歯舌に充填して獲物に撃ち込んだり、水中に散布して獲物を弱らせたりと実に巧みに使いこなし狩りを行います。アンボイナを筆頭に、特に強力な毒を持つ種ではヒトをも死に至らしめますが、全てのイモガイがこれほど強力な毒を持っているわけではありません。またコノトキシンは自然界ではイモガイにしか生成できない極めて強力な神経毒で、前述の通り古より死亡事故の絶えない危険な代物でした。しかし人類の歴史とは常に苦境を乗り越えることで今日まで脈々と築き上げられてきたのです。この毒もその例外ではなく、本格的な研究が始められた1970年代から現在に至るまで、世界中で研究が進められ、新薬の開発に役立てられています。モルヒネに代わる鎮痛剤として既に実用化されている薬があるほか、まだまだ解明されてないことだらけの可能性に満ち溢れた夢の物質なのです。この謎に立ち向かい血の滲む努力を重ねられる研究者の皆さまへの敬意、感謝は言葉で言い表すことができません。加えて、ひっそりと人類を支える海の嫌われ者への感謝も忘れないようにしたいものです。

2022.2.28 安田 風眞


‐商品ページ-

第27回 トミガイ(富貝)のおはなし

27回目はタマガイ科のトミガイ(富貝)です!

トミガイは紀伊半島以南、インド-西太平洋に分布し主に二枚貝を捕食している肉食性の巻貝です。本種の殻はタカラガイを彷彿とさせる艶やかな光沢を放ち、さらに一切の色彩を欠く純白の様相はさながらウミウサギのようです。そして丸みを帯びたシルエットにワンポイントで少々突き出した螺塔が魅惑の曲線美を描きます。また厚く堅牢なこの殻には似合わないほどに薄く鋭いエッジを殻口に持ち、強さの中に隠した繊細さが見え隠れします。そしてこの殻口を飾る蓋は見方によっては味気ないような有機質(これまで“革質”と記載してきましたが今後は有機質に表現を変更します)でできています。ヤコウガイのような石灰質の蓋に惹かれがちな私ですが、しかし本種にはこの薄く透き通った、べっこう色の蓋でなければならない気がしてやみません。ガラスのような透明感を漂わせるトミガイには、このシンプルな蓋が良く似合います。

私はかつて、白い貝が好きではありませんでした。私の故郷の海には生息していない、南国の煌びやかな貝に憧れたからです。しかしなぜか数年前から唐突に、雪のように飾らない美しさに無性に心惹かれるようになりました。もちろん言うまでもなく、華やかな貝への想いには変わりはありませんが・・・。

年明け早々から再度猛威を振るうコロナウイルスのニュースばかりに気が滅入ってしまいますが、貝のおはなしはそんなの関係なし!今年も私の主観まみれの貝への愛を語ります。読者の皆さまに少しでも貝の魅力をお伝えできればと思います。2022年もどうかよろしくお願いいたします。

2022.1.31 安田 風眞

-商品ページ-

第26回 ミヤコボラ(都法螺)のおはなし

26回目は、オキニシ科のミヤコボラ(都法螺)です!

ミヤコボラは房総半島・山口県以南、熱帯西太平洋に分布しています。殻は比較的薄く重厚感こそないものの、クリーニングすると意外にも美しい色彩が浮かび上がり、控えめでありながらもしっかりと発達した肩の棘が描く造形美と相まって十分に鑑賞に耐えうる魅力があります。

本種は比較的安価でありながら味が良いため、古くから食卓で愛されてきました。このような水産種は往々にして地域ごとに様々な呼称があり、本種もその例外ではありません。この標本を僕にくれた後輩の地域では「ドロガイ、ドロサザエ 」という名が与えられているそうです。岩礁帯での刺し網や潜り漁で漁獲されるサザエに対し、砂泥底での底引網で漁獲されるサザエに似た貝ということからこの名が付けられたようです。都の名を冠する雅な和名とはかけ離れたニックネームには、本種への若干の不憫さを感じつつも、飾り気のない親しみやすさが垣間見えるような気がします。

最近、久しぶりに貝の夢を見るようになりました。かつて故郷の海岸で慣れ親しんだ、いわゆる普通種を拾うストーリーばかりなのですが、たまに珍しい貝と出会うことがあります。そんな朝は心なしかいつもより足取りが軽くなり、やっぱり僕は貝が好きなのだなと実感します。自らの睡夢に諭されるとは情けない限りです。

今年もあっという間に年末がやってきました。来年も皆様にとって素晴らしい一年となりますよう祈念申し上げます。今年も一年間、ありがとうございました!2022年もよろしくお願いします。

2021.12.27

安田 風眞

第25回 ベニガイ(紅貝)のおはなし

25回は、ニッコウガイ科のベニガイ(紅貝)です!

ベニガイは北海道南部から九州にかけて広く分布し、地域によっては絶滅危惧種に指定されている二枚貝です。読んで字のごとく鮮やかな紅色をしており、殻は光にかざせば透けるほどに薄く、割れやすく繊細な貝です。そのため、砂浜での打上げ採集では状態の良いものにはなかなか巡り会えません。

私は生きているものにはまだ出会ったことがありませんが、一度だけ砂浜で拾ったFDFlesh Dead:死後間もない状態の良い死殻)の燃えるような真紅の輝きに、ベニガイの紅貝たる所以を見ました。砂浜に打ち上げられたベニガイのほとんどは退色して薄いピンク色をしており、これはこれで非常に美しいのですが「紅」の和名に疑問符が残ります。一度きりのあの赤さが目に焼き付いて離れず、学生の頃はフィールド調査の度に本種を探し歩き回ったものです。 

そんな美しい標本を自分の標本箱に納めて安心したのも束の間、誰にもその退色を止めることは叶わず、ひっそりとその美しさは失われてゆきます(詳しくは第4回カノコダカラのおはなし参照)。変わらないものなど何一つ存在し得ない、そんな世の無常を感じる今日この頃です。

 貝のおはなしも2周年を迎えました。変わらないものなどない、これは今の自分を振り返り感じることです。自分には似合わない都会での暮らしに抗いながらも変わっていくもの、それでも変わらないもの。貝への想いは忘れたくない、でもそう願ってしまう時点で気持ちが離れ始めているのか?近いうちに、綺麗な海にでも行こうと思います。今後もよろしくお願いします。

20211129

安田 風眞

第24回 ラクダガイ(駱駝貝)のおはなし

24回目は、ソデボラ科のラクダガイ(駱駝貝)です!

ラクダガイは九州南部以南、熱帯西太平洋に分布する、ソデボラ科の本邦最大種です。生態は以前紹介したスイジガイやクモガイとよく似ており、大きな殻を引きずりながら海底の付着藻類を食べ歩いています。殻の背部のコブ状の膨らみをラクダになぞらえこの名が与えられたそうです。それならばクモガイのほうがラクダに近い外観をしているのではないかと思ってしまいますが、さらにその堂々たる重厚な姿をラクダに重ねたのかな、なんてあれこれ想像してみるのも楽しいものです。
本種の幼殻、その中でも特に小さい頃は肩が張り出すのとは対照的に下端にかけて極端に細くなる形状をしており、同科他種と比較した際に容易に判別することが出来ます。このアンバランスにも見える絶妙な造形美に、一時期強く心を惹かれていた思い出があります。現在標本が手元に無く、参考画像としてここで皆様にお見せすることが出来ない(※)ことが非常に残念です。※下の写真は貝殻の問屋さんの商品写真です。

ラクダガイはその巨大さと歩き方ゆえか、超老成個体の腹面は海底と擦れてボロボロになっていたり、棘が欠損していたりすることが多々あります。そのため、殻口が紫色を帯び始めたまだ傷が入らない亜老成個体が最も美しいように思います。かく言う私はまだラクダガイとの素敵な出会いに恵まれず、いつの日か…という憧れの一つになっています。

つい先日、研究室の後輩が送ってくれた写真の中に貝を「神の創造物」と称える一節がありました。シンプルながら強烈に胸を突く表現に、えも言われぬ心地良さすら感じました。どうも最近、自分が書く文章の“切れ味”が鈍っているように思えてなりません。貝への愛を研ぎ澄ますべく、美しい海へ足を運ぶべきなのでしょうか…。

 

2021.10.28

安田 風眞

ラクダガイの商品ページ

第23回 サザエ(栄螺)のおはなし

23回は、発見されたばかりの新種!?サザエ(栄螺)です!

 サザエは北海道南部から九州に分布しており、名前は小さな家という意味です。一般的に用いられる栄螺という漢字には、大きな巻貝という意味があるそうです。そんなに大きくなんじゃないか?と疑問を抱いてしまいますが、実は我々がよく目にするものは概ね34歳程度の小ぶりな若造です。寿命は約8年と言われており、老成すると殻高160mmを越える巻貝なのです。ちなみに山口県萩市にある萩博物館には日本最大級と噂される凄まじいサザエの標本が展示されており、その見事なたたずまいに心を奪われガラスの前から離れられなくなった思い出があります。ちなみに写真は殻高135mmの標本です。

サザエといえば本邦ではBBQには欠かせない馴染み深い存在ですよね。つぼ焼きを食べる際に、観察眼の鋭い方は殻から出した軟体部先端の色が2種類あることにお気付きではありませんか?実は本種は軟体部先端の生殖腺の色で雌雄の判別ができるのです。クリーム色はオス、緑色はメスです。この話題をネタに、今からの秋の行楽シーズンのBBQで盛り上がること間違いなしです。

タイトルの通り、実はサザエは2017年に「新種」であることが判明し、Turbo sazaeという新たな学名が与えられました。というのも、これまで約250年間にわたり別種ナンカイサザエと分類が混同されてきたのです。

固定概念に捉われず、目の前の真実を見極めよ・・・。久しぶりに眺めるサザエが語る声なき言葉に、思わずぴしりと背筋が伸びる思いを抱いてしまう今日この頃です。

2021927

安田 風眞

-サザエの商品ページ-

第22回 ニシキノキバフデ(錦ノ牙筆)のおはなし

 第22回は、フデガイ科のニシキノキバフデ(錦ノ牙筆)です!

ニシキノキバフデは紀伊半島以南、熱帯インド-太平洋に分布しています。フデガイ科の貝殻はその名の通り、筆の穂先によく似た形状をしています。しかし本種はただの筆ではなく、縫合に段が付き、肩に顆粒状の突起を並べた荒々しい外見を牙になぞらえこの和名が付けられたのでしょう。フデガイ科の中では中型になり、大きさの割に重厚で滑らかな貝殻は手にすると心地よい満足感を与えてくれます。さらにこの堅牢な貝殻の表面は鮮やかな橙色の斑点で彩られ、白い砂浜と果てしなく広がる碧い海が目に浮かぶような“南国の風”を漂わせる貝です。一方で殻口内部は地味にも見える薄いクリーム色を帯び、派手に着飾ったドレスの下に隠した意外な純朴さが垣間見えるような、そんな貝です。

本種によく似たオニキバフデという種がおり、簡単に書くとニシキノキバフデを大型化して赤い斑点をより細かくし密に並べた貝です。こちらも非常に魅力的なためどちらで書くか少々悩みましたが、潮間帯で比較的出会いやすく、サンゴ礁の窪地に溜まった砂の上を這う姿を見かける度に嬉しい気持ちにさせてくれる本種への思い入れからエッセイにはこちらをチョイスしました。

「都会の自然選択説」に翻弄される日々の中で、私はニシキノキバフデでありたいと、ぼんやりとそんなことを考えてしまうのは連日の猛暑のせいでしょうか。今年も長い長い夏がやってきました。適度な水分と塩分、そして“貝分”を補給して乗り切りましょう!

2021728

安田 風眞

第21回 ナガサラサミナシ(長更紗身無)のおはなし

21回は、イモガイ科のナガサラサミナシ(長更紗身無)です!

ナガサラサミナシは八丈島・紀伊半島以南の熱帯インド-西太平洋に分布する中型のイモガイです。サラサ(更紗)とは木綿に多色で文様を染色した布地のことで、お察しの通り「ナガ」がつかないサラサミナシも存在します。命名者はこれらの殻表に描かれる文様に更紗を重ねたのでしょう。毎度思うのですが、生物に名を与える研究者のセンスには脱帽するばかりです。

本種は緩やかな円錐形を描く螺塔と、細身な体層のバランスが非常に美しいイモガイです。また光沢を帯びた淡〜濃褐色の殻表に浮かぶ規則的な白斑のコントラストの魅力もさることながら、手に取ると殻口下端が艶やかな紫檀色に輝く様に胸が高鳴ります。

前回のタガヤサンミナシのおはなしでもったいぶった“ミナシ”について説明しましょう。読んで字のごとく「身が無い」という意味です。イモガイの多くは殻口が極端に狭く、生きているイモガイを手に取って軟体部をつつくと(種によっては大変危険です絶対にマネしないで下さい)殻の奥に引っ込み、あたかも「貝殻」であるかのように見えます。それゆえに身無=ミナシなのです。空だと思って拾ったイモガイが実は生きていて刺されてしまう、という事故も発生しているため注意が必要です。実際にはイモガイの殻は分厚い最外層を除き(アンボイナなど一部のイモガイは最外層も薄い)内部は再吸収によって紙のように薄くなっており、見た目以上の容積が確保され軟体部が詰まっています。それでもなお、サザエのような身近な食用種と比較すると殻の大きさに対する軟体部の体積比率は非常に少ないのです。

今回は2回連続のイモガイ科となりました。これからも本科はよく登場することになるかと思いますので、全国5000万人のイモガイファンの皆様のご期待に応えられるよう精進します。

  

2021.6.29

安田 風眞

ページトップへ