カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

No.37 ハデミナシ(派手身無)

37回は、イモガイ科のハデミナシ(派手身無)です!

ハデミナシはインド洋に分布する大型のイモガイです。深場に生息することから、やはりかつては採集難易度が高く希少な貝の一つでした。その珍しさと美しさから「Glory of India (インドの栄光)」として名高い本種は、前回登場したイモガイの王様・ウミノサカエイモに肩を並べる本科の美麗種のひとつです。ウミノサカエイモのマッシブなボディラインとは対照的に、極端にスリムなハデミナシの殻表はもはや言うまでもなく光沢を帯び、その名の通り絢爛たる装飾で彩られます。濃褐色の殻表に広がる大型の白い三角斑は荘厳なヒマラヤ山脈やチベット高原を連想させ、煌びやかさの中に確かな気品を漂わせる佇まいと、かつての希少性とが相まってまさしく“インドの栄光”を体現した本種こそ、イモガイの女王にふさわしいのではないでしょうか。

余談ですが、貝好きの友人に標本を見せたところ、意に反して私が愛するウミノサカエイモよりも美しいとのこと。確かに両種を見比べるほどに甲乙つけ難く、悔しくも私の手持ちのKing of ConusではGlory of Indiaを圧倒することは叶わず・・・。しかし、こういうひと時が堪らなく楽しく、これだから貝蒐集はやめられないのです。

気が付けば2022年もあっという間に幕を閉じますね。今年も本当に色々なことがあった激動の一年間でした。果たして来年はどんな年になるのか。皆様にとって素晴らしい一年となることを祈るばかりです。4年目に突入した貝のおはなしをこれからもよろしくお願いします。

   

2022.12.27 安田 風眞

No.36 ウミノサカエイモ(海之栄芋)

36回目は、イモガイ科のウミノサカエイモ(海之栄芋)です!

ウミノサカエイモはインド洋-西太平洋に分布する大型のイモガイで、かつて世界一高価な貝として君臨した「イモガイの王様」でした。ちなみに世界最大の標本は殻長180mmに達しますが、一般流通している大型の個体は120mm前後のものが多い印象です。大型個体においてはイモガイにありがちな「撫で肩」ではなく、各段の肩が立ち堂々たるその様はまさに王の風格を放ちます。また殻表に描かれる緻密な三角斑と強い光沢を帯びた濃褐色の地肌に、螺塔・体層の双方が上下にバランス良く伸びた抜群のプロポーションを兼ね備えた本種は、よく似た模様を持つタガヤサンミナシとは一線を画する美しさを誇ります。この貝を貶す言葉を私は知らず、王の王たる所以を感じざるを得ません。

本種は1777年に初めて発見されて以来、なんと20世紀を迎えるまで全世界で標本が25個程度しか存在しなかったという歴史があるほどに希少な貝でした。幻の貝の噂は噂を呼び、1700年代後半にはあるコレクターがこの貝を高額で購入した直後にその場で踏み砕いて自らが元々所有していた標本の価値を誇示したなどというエピソードが捏造・流布されてしまうほどに、誰もが羨み、憧れた貝でした。そして1963年、殻長140mmの標本が2000ドル(現在の貨幣価値に換算すると300400万円)で取引され、これを以て当時世界で最も高価な貝として記録されました。

今では生息場所が判明し、また採集技術の向上によって比較的安定供給されるようになり、程度によっては数千円も払えば手に入るようになりました。とはいえ、未だその価値が色褪せたわけではなく、いつの時代もコレクターから愛され続ける栄えある種の一つです。かく言う私も本種に魅了された一人であり、より素晴らしい標本を求め続けています。私が所有する写真の個体は僅か69mmしかなく、発色も芳しくなくウミノサカエイモ本来の美しさを伝えられないことが悔やまれます。いつの日か、150mmオーバー、いや夢は大きく180mm級の美個体を手に入れるのが野望の一つです。

2022.11.30 安田 風眞

No.35.ヒメゴホウラ(姫護法螺)

35回目は、ソデボラ科のヒメゴホウラ(姫護法螺)です!

ヒメゴホウラは奄美諸島以南、熱帯西太平洋のサンゴ礁や岩礁に分布しています。ゴホウラと比較すると螺塔と体層がスラリと上下に伸びるスリムなシルエットと、殻長120mm程度の小ぶりなサイズ感はまさに”ヒメ”を体現しています。外唇上縁には4本の指状突起が発達し、殻頂から連なり凹凸に富む魅惑のラインを形成します。またゴホウラほどではありませんが、やはり外唇は肥厚し、そして実にソデボラらしく優雅に広がります。褐色の地に白い模様が入った殻表は光沢を放ち、本種の美しさを際立てます。優しい丸みを帯びた体層の腹面には雪化粧の山脈を彷彿とさせる独特な模様が描かれ、ここからガラスの如き透明感の濃褐色で塗られた殻口まで、まるで渓谷のように一気に落ち込み、吸い込まれるような奥行き感を演出します。本種のみならず、なぜこんなにもソデボラは魅力に満ちているのでしょうか。見つめるたびに新たな魅力に気が付くほどに、心を奪われます。

写真の個体は、大学院生の頃に貝殻の問屋さんの店舗で直接購入したものです。棚には美しい貝殻の数々が所狭しと並べられ、ついつい買う予定のなかった貝までカゴに入れてしまいます。小型〜中型の貝はガラスの水槽(水は入っていませんよ)の中に収められ、色彩豊かな様も相まってまるで幼い頃に映画で観た海外のお菓子屋さんのような素敵な光景が広がっています。貝殻がお好きな方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

2022.10.31 安田 風眞

  

-商品ページ‐

No.34 カコボラ( 加古法螺)

34回目は、フジツガイ科のカコボラです!

カコボラは房総半島・新潟県以南の熱帯インド太平洋から大西洋に分布し、巻貝を捕食する肉食性の巻貝です。この手の捕食者は往々にして唾液線や内臓に毒を蓄積しているものが多く、本種はフグ毒として名高いテトロドトキシンを持つことで有名です。しかし市場流通こそしないものの味は良いらしく、有毒部位を除去して食べるという話をしばしば耳にします。

生時には殻表は毛状に発達した厚い殻皮で覆われ、黒、白、橙色で塗り分けられ怪しく輝く殻口からは毒々しい豹紋の軟体部が覗き、特異な雰囲気を放ちます。しかしこの殻皮を剥がすと、濃淡のコントラストが際立つ褐色を基調に彩られた、マットながらも強い光沢を帯びる非常に美しい貝殻が現れます。よく膨らんだ体層とバランスよく伸びた螺塔とが織りなす抜群のスタイルは、厚い殻皮でエッジの立たない丸いシルエットへと隠され、外観からは想像もつかないこの美しさを知るのは自分だけでありたいと、そんな独占欲を抱くのは私だけではないはず。殻皮の有無で2つの標本を並べると、初見では別種に思えるほどです。

写真の標本は学生時代に漁師さんから頂いたものです。魚類調査のため船を出していただき、帰港中に私の専門は貝である旨をお話したところ、魚の泳ぐ船倉の底からこのカコボラを拾い上げお土産に持たせてくださいました。強い日差しが海底まで透き通す青い海には一筋の白いウェーキが走り、手の中に感じるカコボラの心地良い重量感。大学院2年目の、夏の日の思い出です。

2022.9.29 安田 風眞

No.33 ニシキアマオブネ(錦蜑小舟)

33回目は、アマオブネガイ科のニシキアマオブネです!

ニシキアマオブネは八丈島、紀伊半島以南の潮間帯に分布しています。岩礁に接する浜辺で日中は砂に潜って過ごし、夜になると岩をよじ登り岩に付着した藻類を食べて暮らしています。殻表は付着物が付かずつるりと鈍く光り、腹面はタカラガイ顔負けのガラスのような強い光沢を放ちます。螺塔は平らでコロコロとしたサイズ感、さらに白い軟体部に黒く丸い目が目立つあどけない顔で歩き回る様が実に可愛らしい貝です。石灰質の蓋は殻口に寸分の狂いなくピタリと嵌まり、機能美を追求したデザインに自然選択説の美しさを垣間見ます。また、写真のように殻の色彩には複数のパターンがあり、実にコレクション性が高く標本を複数所持せざるを得ない困った奴です。

昼間はがらんと寂しかった磯も、日没後に足を運ぶと岩の上に溢れかえる数多のニシキアマオブネたちに驚かされます。また本種のみならず、夜の磯にはフラッシュライトの明かりで切り取ったわずかな景色の中に、驚くほど多くの生き物たちが生を謳歌しています。一切の明かりを欠く海での夜間観察・採集には想像を遥かに上回る危険が伴うため読者の皆様にオススメすることはできません。しかし、暗闇の壁がそびえる島の夜を歩き、泳ぎ、生物たちの営みをのぞき見するその瞬間には、何ものにも代えがたい高揚感を覚えます。標本箱の中で輝く貝殻の一つ一つに、学生時代の冒険の思い出が刻まれているのです。

 

2022.8.31 安田 風眞

No.32 ボウシュウボラ (房州法螺)

32回目は、フジツガイ科のボウシュウボラ(房州法螺)です!

ボウシュウボラは大きな個体では殻長250mmに達するフジツガイ科の大型種で、房総半島・山口県以南、フィリピンに分布しています。本種はホラガイの近縁種のため殻の形状や生態も両種間でよく似ており、ホラガイがオニヒトデの天敵であるのと同様に本種もやはり棘皮動物を捕食しています。また殻表の侵食が少ない個体はクリーニングすると控えめながらも光沢を帯び(体層は輝きを放つ強い光沢)、肩上に規則正しく並んだ柔らかいシルエットの結節がその美しさを際立てます。そしてこの濃褐色に強く彩られた殻表と純白の殻口とが鮮やかなコントラストを成し、その大きさと相まって非常に見ごたえのある貝です。

本種は房総半島以南の太平洋沿岸の市場では一般的な貝で、その外見から「ホラガイ」の名前で流通しており、味は良いと聞きます。ただし専門で漁獲されているというよりは、イセエビ刺し網漁の外道として水揚げされているというイメージが強いです。

大学院生の頃、ボウシュウボラを求め唐戸市場に通っていた時期がありました。しかし下関では流通量が少なく空振り続きで肩を落としていると、研究室の後輩が帰省先の愛知県からどっさりと調達してきてくれました。この標本(写真の個体)は、そんな学生時代の大切な思い出の一つです。余談ですが、ボウシュウボラで笛を作成する野望を長年抱き続けているのですが、いざ螺塔にグラインダーの刃を当てるとたちまち惜しくなり、未だ実行できておりません。完成の暁には、必ずや貝のおはなしで皆様に報告いたします。

2022.7.29 安田 風眞

No.31 ゴホウラ(護法螺)

31回目は、ソデボラ科のゴホウラ(護法螺)です!

ゴホウラは私が愛するソデボラ科の大型種であり、奄美諸島以南、熱帯西太平洋に分布しています。同科の中では大人しめのデザインではありますが、白混じりの褐色の色合いに光沢を帯びた殻表、そして何よりその存在感が魅力的な貝です。老成個体の大きく張り出した重厚かつ堅牢な外唇はまさにソデボラの名を体現しており、見事の一言に尽きます。特に美しい個体ではこの外唇と内唇が鮮やかな飴色に染まり、様々なアングルから楽しむために複数個揃えて飾りたいという危険な欲望が鎌首をもたげてきます。

また本種の殻は弥生時代には有力者の装飾品であった貝殻製腕輪の原料として珍重され、北海道を含む日本各地で出土していることから奄美・沖縄諸島との交易があった証となっており、人類史の観点からも非常に重要な貝です。ちなみにゴホウラの貝輪出土地の一つである山口県は下関市の土井ヶ浜人類学ミュージアムの庭には腕輪に加工されている途中段階の巨大なゴホウラのモニュメントが鎮座しており、人工物といえども一見の価値ありです。

この博物館から程近い土井ヶ浜や角島の蒼く透き通る海、眩しいほどに白く輝く砂浜と首筋を焦がす太陽。砂にまみれ、波に揺られ、二人乗りのバイクで沈む夕日を追いかけ国道191号線を走った何気ない日常が、いかに特別でそして美しい時間だったことか。夕日の見えないこの街で迎える3度目の夏が、今年もやってきます。

2022.6.30 安田 風眞

ー商品ページー

No.30 イチゴナツモモ(苺夏桃)

30回は、ニシキウズガイ科のイチゴナツモモ(苺夏桃)です!

どうですか、イチゴナツモモという和名から溢れ出す、もう見なくても分かる確約された可愛らしさ!個人的に可愛いと思う標準和名ランキング2022”トップ3に堂々ランクイン中の本種は遙かインド洋の東アフリカに分布しています。日本近海には近縁種のナツモモが生息しており(こちらはまた別の回で紹介予定)、かなり大雑把に言えばナツモモをイチゴ風のカラーリングにするとイチゴナツモモになります。殻表は幾何学的に塗り分けられた緻密な顆粒状の彫刻で覆われ、丸みを帯びつつも均整のとれたシルエット、そして概ね殻長20mm未満という絶妙なサイズ感。神は二物をも三物をも与え得るのかと、机の上の標本を転がしながら何やらやり場のない嫉妬にも似た感情さえ抱いてしまうほどです。

 今日のようにケータイやSNSが普及する以前の時代には文通という文化があり、顔も知らぬ想い人の名をなぞっては夕日に胸を痛めたんだとか。初めてイチゴナツモモという名前を聞いたその日から、未だその幻影を渚に追うのは同じ感覚でしょうか。この写真の個体は先日、たまたま立ち寄った北海道は蘭越の道の駅で手に入れたものです。思わぬ出会いに喜びつつ、やはりいつの日かこの手で採集してみたいと憧れが募るばかりです。

2022.5.31 安田 風眞

 

 - 商品ページ ‐

No.29 ナンヨウダカラ(南洋宝)

29回目は、タカラガイ科のナンヨウダカラ(南洋宝)です!

ナンヨウダカラは沖縄・小笠原以南、西〜中部太平洋に分布するタカラガイです。全体的に丸みを帯びた優しいシルエットに、背面は燃える夕陽を閉じ込めたような朱色をしています。一方で腹面から前溝・後溝、螺塔の外縁は白く縁取られ、色のコントラストが非常に美しい貝です。少し陥没した螺塔と、それを囲む白い円がチャームポイント。大きいものでは殻長100mmに達する大型種で、その特有の色彩・輝きと相まってまさにタカラガイの王たる風格を放ち、古くよりコレクターを魅了し続けてきました。英語圏では「Golden cowrie(黄金のタカラガイ)」と呼ばれ、本邦でもコガネダカラの別名があります。かつては非常に高価だった貝の一つで、標本商黄金時代を象徴する一種とも言えるのではないでしょうか。しかし残念ながらこの手の美貝はやはり褪色も顕著であり、時の流れとともに薄いベージュのような色へと変貌してしまいます。そのため朱色の個体を手に入れることは容易いことではないのです。

 ギリギリ分布域に含まれるだけあって稀に日本近海でも採集されることがあり、数年前には沖縄の美ら海水族館で飼育されていたことがありました。ニュースを聞いて生きたナンヨウダカラが見られるぞ!と浮き足立つも、当時大学生だった私が思いつきで沖縄へ飛ぶことは叶わず、非常に悔しい思いをした記憶があります。

 ナンヨウダカラは、南国の灼けるような直射日光の下でこそ最も美しく輝くのだと聞いたことがあります。青く透き通る海からナンヨウダカラが引き上げられるその瞬間は、いつの日かこの目に納めたい憧れの光景の一つです。

2022.4.28 安田 風眞

商品ページ

No.28 イモガイ毒「コノトキシン」

28回は、イモガイの毒「コノトキシン」のお話です!

イモガイとは、コレクターにとって非常に甘美な響きを持つ特別な言葉の一つです。かく言う私もイモガイ愛好家の端くれであり、学生の頃は同志(研究室の後輩たち)と標本を並べその美しさを称えては酒を飲み交わしたものです。一方で「殺人貝」のイメージがすっかり定着してしまったがために、マリンレジャーを楽しむ人々にとっては単に恐怖の対象なのではないでしょうか。しかし実際はヒトを攻撃するための毒ではない、ということは第20回でお話ししましたね。今回はいつものような特定の貝ではなく、イモガイの毒、コノトキシンについて簡単にお話ししてみようと思います。

コノトキシンとはイモガイが持つ毒の総称であり、貝の種類によって毒性が異なります。イモガイはこの毒を矢型に発達させた歯舌に充填して獲物に撃ち込んだり、水中に散布して獲物を弱らせたりと実に巧みに使いこなし狩りを行います。アンボイナを筆頭に、特に強力な毒を持つ種ではヒトをも死に至らしめますが、全てのイモガイがこれほど強力な毒を持っているわけではありません。またコノトキシンは自然界ではイモガイにしか生成できない極めて強力な神経毒で、前述の通り古より死亡事故の絶えない危険な代物でした。しかし人類の歴史とは常に苦境を乗り越えることで今日まで脈々と築き上げられてきたのです。この毒もその例外ではなく、本格的な研究が始められた1970年代から現在に至るまで、世界中で研究が進められ、新薬の開発に役立てられています。モルヒネに代わる鎮痛剤として既に実用化されている薬があるほか、まだまだ解明されてないことだらけの可能性に満ち溢れた夢の物質なのです。この謎に立ち向かい血の滲む努力を重ねられる研究者の皆さまへの敬意、感謝は言葉で言い表すことができません。加えて、ひっそりと人類を支える海の嫌われ者への感謝も忘れないようにしたいものです。

2022.2.28 安田 風眞


‐商品ページ-

ページトップへ