カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

第23回 サザエ(栄螺)のおはなし

23回は、発見されたばかりの新種!?サザエ(栄螺)です!

 サザエは北海道南部から九州に分布しており、名前は小さな家という意味です。一般的に用いられる栄螺という漢字には、大きな巻貝という意味があるそうです。そんなに大きくなんじゃないか?と疑問を抱いてしまいますが、実は我々がよく目にするものは概ね34歳程度の小ぶりな若造です。寿命は約8年と言われており、老成すると殻高160mmを越える巻貝なのです。ちなみに山口県萩市にある萩博物館には日本最大級と噂される凄まじいサザエの標本が展示されており、その見事なたたずまいに心を奪われガラスの前から離れられなくなった思い出があります。ちなみに写真は殻高135mmの標本です。

サザエといえば本邦ではBBQには欠かせない馴染み深い存在ですよね。つぼ焼きを食べる際に、観察眼の鋭い方は殻から出した軟体部先端の色が2種類あることにお気付きではありませんか?実は本種は軟体部先端の生殖腺の色で雌雄の判別ができるのです。クリーム色はオス、緑色はメスです。この話題をネタに、今からの秋の行楽シーズンのBBQで盛り上がること間違いなしです。

タイトルの通り、実はサザエは2017年に「新種」であることが判明し、Turbo sazaeという新たな学名が与えられました。というのも、これまで約250年間にわたり別種ナンカイサザエと分類が混同されてきたのです。

固定概念に捉われず、目の前の真実を見極めよ・・・。久しぶりに眺めるサザエが語る声なき言葉に、思わずぴしりと背筋が伸びる思いを抱いてしまう今日この頃です。

2021927

安田 風眞

-サザエの商品ページ-

第22回 ニシキノキバフデ(錦ノ牙筆)のおはなし

 第22回は、フデガイ科のニシキノキバフデ(錦ノ牙筆)です!

ニシキノキバフデは紀伊半島以南、熱帯インド-太平洋に分布しています。フデガイ科の貝殻はその名の通り、筆の穂先によく似た形状をしています。しかし本種はただの筆ではなく、縫合に段が付き、肩に顆粒状の突起を並べた荒々しい外見を牙になぞらえこの和名が付けられたのでしょう。フデガイ科の中では中型になり、大きさの割に重厚で滑らかな貝殻は手にすると心地よい満足感を与えてくれます。さらにこの堅牢な貝殻の表面は鮮やかな橙色の斑点で彩られ、白い砂浜と果てしなく広がる碧い海が目に浮かぶような“南国の風”を漂わせる貝です。一方で殻口内部は地味にも見える薄いクリーム色を帯び、派手に着飾ったドレスの下に隠した意外な純朴さが垣間見えるような、そんな貝です。

本種によく似たオニキバフデという種がおり、簡単に書くとニシキノキバフデを大型化して赤い斑点をより細かくし密に並べた貝です。こちらも非常に魅力的なためどちらで書くか少々悩みましたが、潮間帯で比較的出会いやすく、サンゴ礁の窪地に溜まった砂の上を這う姿を見かける度に嬉しい気持ちにさせてくれる本種への思い入れからエッセイにはこちらをチョイスしました。

「都会の自然選択説」に翻弄される日々の中で、私はニシキノキバフデでありたいと、ぼんやりとそんなことを考えてしまうのは連日の猛暑のせいでしょうか。今年も長い長い夏がやってきました。適度な水分と塩分、そして“貝分”を補給して乗り切りましょう!

2021728

安田 風眞

第21回 ナガサラサミナシ(長更紗身無)のおはなし

21回は、イモガイ科のナガサラサミナシ(長更紗身無)です!

ナガサラサミナシは八丈島・紀伊半島以南の熱帯インド-西太平洋に分布する中型のイモガイです。サラサ(更紗)とは木綿に多色で文様を染色した布地のことで、お察しの通り「ナガ」がつかないサラサミナシも存在します。命名者はこれらの殻表に描かれる文様に更紗を重ねたのでしょう。毎度思うのですが、生物に名を与える研究者のセンスには脱帽するばかりです。

本種は緩やかな円錐形を描く螺塔と、細身な体層のバランスが非常に美しいイモガイです。また光沢を帯びた淡〜濃褐色の殻表に浮かぶ規則的な白斑のコントラストの魅力もさることながら、手に取ると殻口下端が艶やかな紫檀色に輝く様に胸が高鳴ります。

前回のタガヤサンミナシのおはなしでもったいぶった“ミナシ”について説明しましょう。読んで字のごとく「身が無い」という意味です。イモガイの多くは殻口が極端に狭く、生きているイモガイを手に取って軟体部をつつくと(種によっては大変危険です絶対にマネしないで下さい)殻の奥に引っ込み、あたかも「貝殻」であるかのように見えます。それゆえに身無=ミナシなのです。空だと思って拾ったイモガイが実は生きていて刺されてしまう、という事故も発生しているため注意が必要です。実際にはイモガイの殻は分厚い最外層を除き(アンボイナなど一部のイモガイは最外層も薄い)内部は再吸収によって紙のように薄くなっており、見た目以上の容積が確保され軟体部が詰まっています。それでもなお、サザエのような身近な食用種と比較すると殻の大きさに対する軟体部の体積比率は非常に少ないのです。

今回は2回連続のイモガイ科となりました。これからも本科はよく登場することになるかと思いますので、全国5000万人のイモガイファンの皆様のご期待に応えられるよう精進します。

  

2021.6.29

安田 風眞

第20回 タガヤサンミナシ(鉄刀木身無)のおはなし

20回目は、イモガイ科のタガヤサンミナシ(鉄刀木身無)です!

 タガヤサンミナシは三宅島・紀伊半島・山口県北部以南の熱帯インド-西太平洋に分布しています。殻表には褐色の下地に白い三角形で構成される緻密な幾何学模様が並び、雪を湛えて聳え立つ雄大な山々を彷彿とさせます(タガヤ山脈と呼称したいところ)。美貝が多く、いつの時代も数多のコレクターたちを魅了し続けるイモガイ科ですが、そんな中でも個人的に特に心惹かれる一種です。生時は薄いフィラメント状の殻皮に覆われていますが、これを除去するとサラリとした控え目な艶のある、素晴らしい肌が現れます。

 タガヤサン(鉄刀木)とはマメ科の広葉樹で、高級家具用材として古くから愛されてきた木です。本種と直接の関係はなく、その美しさを銘木になぞらえこの名がつけられたそうです。では残りの「ミナシ」とは?それは次回イモガイが登場する時のお楽しみに取っておきましょう。文字数の都合で今回は割愛します。

 イモガイと聞くと美しさよりも「危険な貝」というイメージが広く認知されていますが、その危険性は種によって大きく異なります。イモガイには簡単に書くと①虫食性 貝食性 魚食性の3種が存在します。毒の強さはの順に強くなり、人身事故の事例が報告されているものは概ねです。本種はに該当し、実際に死亡例もあるいわゆる危険種の一つです。ちなみに言わずと知れたイモガイ界随一の悪名高きアンボイナ(非常に素晴らしい貝です、いつか紹介します)はです。

 しかし、イモガイが強力な毒矢を携えるのはあくまで彼らが生きるために獲得した手段であり、彼らの領域である海に赴く立場の我々が過剰に危険視し忌避するというのは、人間のエゴではないでしょうか。また、最強の矛を持つイモガイですら、強靭な盾と顎を持つブダイのような魚類には為す術もなく殻を砕かれ捕食されてしまいます。イモガイが生息する海では、弱肉強食の厳しい世界を生きる貝たちに敬意を払い、適切な距離を保ちつつ静かに観察に徹したいものです。

2021.5.27 

安田 風眞

-タガヤサンミナシの商品ページ-

第19回 クモガイ(蜘蛛貝)のおはなし

 第19回目は、ソデボラ科のクモガイ(蜘蛛貝)です!

 クモガイは紀伊半島以南、熱帯インド-西太平洋域の浅い海に分布しています。その名の通り殻口外唇の周囲には蜘蛛の足を連想させる7本の棘が発達し、トゲトゲとした攻撃的にも見える外見をしていますが、実際は海底の砂礫中の藻類やデトリタス(有機物)などを食べている平和主義者(?)です。老成した個体では殻口周辺がガラスをかけたかのような滑らかで濃い紫色で彩られ、若齢個体と比べるとまるで別種と誤認してしまうほどに、妖艶ささえ漂う佇まいになります。

本種はソデボラ科の中でも特によく目にする大型種の一つです。市場での流通こそほとんど見られないものの、容易な採捕が可能かつ味も良いため分布地域では古くから食用として愛されてきました。私もこれまで数えきれないほどクモガイと出会ってきましたが、どうもこいつを見るとついちょっかいを出したくなる気持ちが抑えられなくなり、必ず一度手に取ってしまいます。そして自分が沖縄の海に浮かんでいるという充実感とつかの間の非日常を実感し、スノーケルを咥えた口角が上がってしまうのです。

 初めてこの貝のFDFresh Dead:死後間もない大変状態が良い様)漂着個体を拾った16年前の夏の、首筋を焼く強烈な日差しとどこまでも碧く透き通った慶良間諸島の海を今でもはっきりと思い出すことが出来ます。少年に手を振るかのように棘の一部だけを突き出し砂浜に埋もれていたクモガイは、私の心を南国に釘付けにするには十分すぎる海からの贈り物でした。標本箱のクモガイは今でも私を海へと誘います。一日も早く、大手を振って旅へ出られる日々が戻ってくることを切に願います。

安田 風眞

‐クモガイの商品ページ‐

第18回 エゾボラ(蝦夷法螺)のおはなし

 第18回は、エゾバイ科のエゾボラ(蝦夷法螺)です!

 エゾボラは北海道以北に分布しています。言わずと知れた海の幸であり、「真ツブ」の水産流通名でご存知の方も多いかもしれません。北の市場へ足を運べば、写真のように穴の開いた本種の貝殻が店先に飾られている光景をしばしば目にすることができます。これは火を通さずに軟体部を抜くための技が行使された跡です。巻貝は殻軸筋という筋肉で貝殻とつながっており、本種はちょうどこの穴の位置からアイスピックのような道具を用いてこれを切断することが出来るのです。ちなみに写真の個体は、北海道は釧路の和商市場でいただいたものです。

 一見すると華がない本種は、これぞまさに北の貝!といった風貌をしています。貝類は一般的に北方種ほど貝殻の色彩・形状ともに地味になり、一方で南方種は派手になる傾向があります。しかし本種はいぶし銀とでも言いましょうか、華やかさなど必要のない魅力に溢れているような気がして止みません。殻表を飾る波打つドレスのような肋やオレンジ色に輝く艶やかな殻口に指を這わせれば、荒々しい北の海を生きたエゾボラの貝生に想いを馳せ、青年の日に夢を描いた海を思い出しつい目を細めてしまいます。

クセがなく甘みの強い本種の軟体部は、ここ数年でようやく貝嫌いを少しずつ克服しつつある私にとっても食べやすく、驚かされた種の一つです。最近では、二枚貝綱は過熱したものであれば心から美味しいと感じるようになってきましたが、腹足綱は未だ強敵です。殻も軟体部も遍く愛せる男を目指し、日々奮闘中です。

安田 風眞

第17回 ウシノツノガイ(牛の角貝)のおはなし

17回目は、今年の干支にちなみタケノコガイ科のウシノツノガイ(牛の角貝)です! 

ウシノツノガイは紀伊半島以南、熱帯インド-西太平洋に分布しています。貝殻はタケノコガイ科の名に恥じぬ、まさしくササのタケノコにそっくりな形状をしています。しかし、あくまで私見ですが、名前の由来を「なるほど!確かに!」と納得できる貝が多いなかで、本種はどうも牛の角との相関が見つけられません…。今後明らかになりましたら改めて報告します。

そんなことはさておき、本種の貝殻は個体差こそありますが、特に美しい個体ではいつまでも撫でていたくなるほどに、螺塔先端付近までおとなしく品のある光沢を放ちます。そして滑らかな淡黄色の地に濃褐色の斑点が規則正しく並び、シンプルな貝殻の形状に素晴らしいアクセントを与えます。 また殻口外唇はカミソリのように薄く鋭くなることがあり、取り扱いの際には注意が必要です。

 タケノコガイの探し方はコツを掴むととても簡単です。日中は砂に潜っており姿を見ることは難しいのですが、彼らが夜間に活動していた足跡、砂地の上に引かれた砂紋(波の跡)とは明らかに異なるラインが海底の砂の上にくっきりと残ります。これを辿っていき、足跡が途絶えたところを掘るとタケノコガイが出てきます。そして海のタケノコ堀り最大の魅力は、掘り起こすまで何が出るか分からないという点でしょう。本科最大種であるリュウキュウタケが、舞い上がる砂煙の中からその重厚な姿を現した時の情景は今でも昨日の出来事のように思い出すことが出来ます。

安田 風眞

第16回 ヒオウギガイ(檜扇貝)のおはなし

新年あけましておめでとうございます。20211発目の第16回目は、イタヤガイ科のヒオウギ(檜扇)です!

 ヒオウギは房総半島~沖縄の岩礁域に分布しています。貝殻は黄色やオレンジ、赤、紫など多様かつ自然で生まれたものとは信じがたい極彩色で彩られ、初見では人工的に着色されていると疑ってしまうほどです。ちなみに、ヒオウギがこんなにも鮮やかな彩りの殻を持っている理由はまだ明らかになっていません。海中では足糸という繊維で岩に張り付いておりホタテのように泳ぎまわることはないようです。

 また本種は水産重要種であり、瀬戸内海沿岸域を中心に養殖されています。見た目のみならず味もホタテにそっくりで、ホタテよりも味が濃くおいしいという人もいるほどです。出荷前には殻表の付着物を除去するため、グラインダーで一つ一つ手作業で磨かれることが多く、生産者のヒオウギへの愛を感じることが出来ます。また、貝殻の色は遺伝することが分かっており、養殖個体は代々発色の良い個体同士をかけ合わせているため野生の個体よりもより鮮やかになる傾向が強いそうです。

研磨と言えば、ヒオウギの殻表には放射肋が走り、その上にびっしりと鱗状の突起(鱗片)が並びます。この鱗片を破損しないようにピンセットと柄付き針で鱗片を一つずつ慎重にクリーニングすると、ため息が漏れるほど美しい標本が出来上がります。しかしその果てしない手間たるや思い出すだけで顔を覆いたくなるのですが、不思議なものでしばらく時間が経つとまたやりたくなってくる、癖になる快感と達成感があります(そしてまた後悔します)。

16回目にして、ついに二枚貝の登場となりました。今後も巻貝を中心に執筆していく予定ですが、二枚貝の魅力も紹介できるようまずは私が二枚貝について勉強していきたいと思います!2021年も引き続きよろしくお願いいたします。

安田 風眞

ヒオウギガイの商品ページ

第15回 イチョウガイ(銀杏貝)のおはなし

 第15回は、アッキガイ科のイチョウガイ(銀杏貝)です!

 イチョウガイは紀伊半島以南、熱帯インド-西太平洋、ハワイ諸島の岩礁域に分布しています。本種の細身でスラリと伸びた純白の貝殻は、文字通りイチョウの葉によく似た突起で飾られています。一方で、殻の上に発達した突起とは対照的に肩は意外なほど丸みを帯びており、一見するとアンバランスで違和感を覚えてしまうデザインです。しかし、手に取って眺めるたびにひとりでに溜め息が漏れてしまう、そんな魅力が詰まった貝殻です。

また殻長5060mm程度という絶妙なサイズ感は、本種の美しさをより繊細かつ緻密な印象へと高める重要な要素であるように感じます。イチョウガイを美貝たらしめるのは、まさにこの大きすぎず小さすぎずといったサイズにこそ秘められている、そんな気がして止まないのです。

余談ですが、本種の仲間にトナカイイチョウという種がいます。トナカイイチョウの突起はより細長く発達するため、この名がつけられたのでしょう。今夜はクリスマスイブ。標本箱のトナカイイチョウはサンタを連れてきてくれるでしょうか?いくつになっても、クリスマスイブの夜は何やら心が弾んでしまいます。

早いもので2020年も残すところあとわずかになりました。今年は、あえて私がここに言葉を記すまでもなく、まさに激動の1年間でしたね。しかし、明けない夜はありません。来年こそは貝探訪へと気軽に出かけられる年になることを信じます。それでは皆様、今年もありがとうございました。良いお年を、そして良き貝ライフを!

安田 風眞

第14回 ハツユキダカラ(初雪宝)のおはなし

14回目は、タカラガイ科のハツユキダカラ(初雪宝)です!

ハツユキダカラは房総半島・能登半島からオーストラリア北部に分布しています。本種は生息する深度によって殻の色味が異なり、浅場の個体は青みを、深場の個体は黄色みを帯びる傾向があるようです。命名者は褐色を背景に白点を散らした本種の色彩に、冬枯れに降る初雪を見たのでしょうか。殻はぷっくりとほどよく丸く膨らみ、その名の通り雪模様が非常に可愛らしい中型のタカラガイです。また、前述の通り殻の色彩には個体差が目立つため、お気に入りの個体との出会いを探すのが非常に楽しい種の一つであるように思います。

 私は秋田県でこの貝を拾ったことがあります。このように分布圏外で貝を見つけた時に考えるべきことは①誰かが外部から持ち込んだ貝を捨てた、②死滅回遊してきた幼生が着底・成長し力尽きた、この2つです。生まれたばかりの貝の赤ちゃんの大多数は浮遊幼生というプランクトンとして、海流に乗って旅に出ます。浮遊期間は種によって異なりますが、長いものでは数か月に及びます。そして適切な環境に到達した幼生は着底し、我々のなじみのある貝の姿へと変態します。この時、誤って分布圏外に出てしまい、そのまま着底してしまう個体が一定数存在します。そしてこれらのほとんどは季節的な海水温の変化とともにやがて死滅してゆく運命を背負っています。これが死滅回遊です。ハツユキダカラは比較的冷たい海水に対する抵抗力が強く北方での採集事例が多い種のため、私の標本はおそらく後者であると推測されます。

故郷を知らずに遥か秋田の海に迷い込んでしまったハツユキダカラの標本を手に取ると、つい慣れない都会で暮らす自分を重ねてしまいます。私はまだまだ旅の途中の“浮遊幼生”でありたい、ようやく冷たくなってきた風を頬に感じながら、そんなことばかりが頭に浮かんでしまうのです。

安田 風眞

ハツユキダカラの商品ページ

ページトップへ